読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Slack ちょっと Tips

Slack

関わっているいくつかのチームが Slack を導入していて、細かい Tips がたまってきたので放出します。
※ 2015.06.17 時点での情報です。どんどん成長しているツールなので、今後仕様が変わる可能性はあります。念のためご留意ください。

メールの通知を切る

DM やメンションが来たときにしばらく見ないでいると、Slack はメールでお知らせしてくれます。 ただ、別にリマインドはいらないケースはしばしばあると思います (例えば、iPhone の通知でもう確認できてるからわざわざアプリは開いていない時とか)

  • Profile & Account」を選択
    f:id:urouro_n:20150617010843p:plain
  • Web のアカウント設定画面が出るので、「Notifications」タブを選択します
  • デフォルト設定のままにしていると、おすすめ設定にするかどうか聞かれます。ケースに応じてどちらかを選択します。 f:id:urouro_n:20150617010912p:plain
  • 画面をスクロールしていくと「Additional Settings」というセクションがあって、その中に「Email Preferences」という項目があります。「Expand」を押すと設定用のラジオボタンが出るので、こちらで変更します。
    f:id:urouro_n:20150617010946p:plain

チームのスキンカラーを変える

関わるチームが複数になると、あちこちのチームを行ったり来たりすることになるのですが、そうなると今どこのチームに発言しているかわからなくなることがあります。DM でコッソリ送ろうとしていた情報を、他のチームの general チャンネルに誤爆してしまった、とかやってしまうと目も当てられません。

Slack はチームごとにスキンカラーを変えられますので、防止策の一つとして、チームごとに表示色を切り替えておく手があります。

  • メニューの「Preferences」を選択
    f:id:urouro_n:20150617011011p:plain
  • Sidebar Theme」タブを選んで、好きなテーマを選択
    • カラーコードを指定してカスタマイズすることもできます
      f:id:urouro_n:20150617011034p:plain

特定のチャンネルの通知を受け取らないようにする

チャンネルが増えてくると、あまり通知を受け取る必要のないチャンネルも出てくるかもしれません。(日常会話用の雑なチャンネルや Web サービスからの通知のうち、緊急ではない通知が集まっているチャンネルなどなど...)
必要に応じて、チャンネルごとに通知を受け取るか受け取らないか設定することができます。

  • チャンネル名のメニューから「Channel notification preferences...」を選択
    f:id:urouro_n:20150617011103p:plain
  • デスクトップアプリケーションの通知、スマートフォンアプリの Push 通知それぞれについて設定できます
    f:id:urouro_n:20150617011112p:plain

直前の投稿をサッと修正する

投稿内容は、各投稿のメニューの Edit から修正することができます。 ただ、たとえば勢いあまって途中で投稿してしまった時など、直前の投稿をすぐ修正したいときは、テキストエリアにフォーカスしてる状態で ですぐ内容を修正することができて便利です。

その他、キーボードショートカットは Command + / で一覧を見ることができます。

Slack - Team Communication

Slack - Team Communication

  • Slack Technologies, Inc.
  • ビジネス
  • 無料

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

  • 作者: ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

Apple Watch 雑感

物欲 雑記

Apple Watch を買って使い始めてから 1 ヶ月ぐらい経ちました。
なんだかんだで便利だったので、一度思ったことをまとめてみます。

良さ

通知がサッと見れる

歩いてるとき、コーディングしてるとき、 iPhone を取り出す必要が無くなってだいぶ便利です。
特にコーディングしてるときは、通知のたびに iPhone を取り出したり画面を確認したりしていると集中が途切れます。Watch だと通知も一瞬表示されるだけなので、(個人的には)あまり集中を阻害されなくて良いです。

ちょっと意識して動くようになった

「アクティビティ」アプリが、一日の運動量などを計測してくれています。
たとえば、1 時間座りっぱなしだったりすると「立ちましょう」とか通知が来ます。Apple Watch に立てと言われれば、そりゃ立つしかありません。ちゃんと立って少し動けば褒めてくれます。

ファッションともまだ割と合わせやすい

現時点で、同じスマートウォッチだと Pebble あたりが実用性的にも知名度的にもライバルになりえるかと思ってるのですが、こちらもまだ見た目はギークアイテムという感じがします。

Apple Watch は外観もディスプレイもきれいなので、普通の時計と同じぐらいの感覚でもつけることが出来ると思います。
(ただし時計にこだわる人にはやっぱりリーチしなさそうですが)

今後?

サードパーティ製の Watch のネイティブアプリが作れるようになるとの話もあるので、今後、出来ることはさらに増えるのではないでしょうか。 (WWDC が楽しみですね!)
ただし画面はとにかく小さいし操作もとにかくしづらいです。マシンパワーも貧弱です。なのでこれまで同様、アプリに何をさせるかよく考える必要があります。

個人的には、もっと安くなってほしいところです :-P

株式会社ヨタヨクト様のサービス「ゼロコシ!」の開発を担当させて頂きました

開発実績

株式会社ヨタヨクト様のサービス「ゼロコシ!」の開発を担当させて頂きました。

お申込みフォームなどのフロントページのプログラミング (PHP, JavaScript まわり)、および管理画面の開発を行いました。

お引越しをお考えの方がいらっしゃれば、どうぞご利用ください!


Visit
f:id:urouro_n:20150327191252p:image:w150
https://zerokoshi.com/

Client
株式会社ヨタヨクト